プライドが高い男

一般的に男性は、プライドの高い生き物と言われています。

見た目や収入、学歴やステータスなどあらゆる面で、

他の同性に対してライバル意識を強く持っています。

特に女性の前ではカッコをつけたくなるというのは

みんな誰しもが思っている事だと思います。

女性の前でカッコをつけたことがないという人は皆無でしょう。

ただ、モテる男性は意外とカッコをつけたりしないのです。

モテない人からしてみれば

「いやいや、見た目がいいからモテるんでしょ」

と思いがちですが実はそうではありません。

世の中には、見た目がそこまで良くなくても、

高学歴でなくても、収入が良くなくても

モテる男性はたくさんいます。

このモテる人とモテない人の差ですが、

実はモテない人ほど、馬鹿みたいにカッコつけるんですよね。

自分の周りの人を考えてみてください。

モテない人が何人かいるはずです。

女性の前でカッコをつけていませんか?

他の男性より優れている事などをアピールしたりしていれば

まさにそれですね。

そもそも他の人より優れている事をアピールして

女性の関心を惹く事は出来ないですし、

むしろ自分に自信がない人、もしくは自信過剰な人と思われます。

その姿を見ていても、決してカッコいいものではないですし、

それが真実だとしても、

(言わなかったらカッコいいのに)

と思ってしまいます。

本当にモテる男性は、あまり自慢話をしたり

カッコをつけることをしません。

それはありのままの自分をさらけだすことで、

女性との心理的距離が近づく事を知っているからです。

実際、本当の、等身大の自分をアピールする方が、

好意を持ってもらったり、恋愛関係に発展するスピードは

早いと言えます。

なので、今まで女性にモテたいがために自分をアピールしたり、

自慢していた人は、一度カッコをつけることを止めてください。

ありのままの自分をさらけ出していくことで、

今後はうまくいくかもしれないですね。

カテゴリー: 婚活 | コメントをどうぞ

強度

これってスゴくて、アスファルトの道路にエイヤっと撃ち込むと、アスファル
トがメリッとめくれちゃうんですよ。

全然力を入れていないのに、ツルハシ自身の重みが、先端の小さな面積にかか
るとものすごい力がピーク値として、道路の直径5センチくらいのところにかか
るんですね。

これがピーク値を高めることで物事を変化させるという典型的方法です。

このピーク値を高めるアプローチというのは、ある種の才能とか、能力とかが
必要で、常人がおいそれと身に付けられるモノでは無いのです。

私がいくら根性を入れて訓練をしても150キロのボールは投げられませんし、イ
チローのようなバットスイングを身につける事も出来ません。

同様に私がいくら筋トレをしても白鵬に腕相撲で勝てるようにはならないので
す。

昨今、テレビなどで紹介される華やかな世界というのは、基本的にこの『ピー
ク値』を高めることで賞賛される人達の世界で、そういう報道ばかりを見てい
るから、我々一般人も無意識に、

  ■ 物事を変化させるにはドカンと大量のエネルギーを加える必要がある

と思い込んでいるんです。

これが大きな間違いなのですよ。

そもそも、これとは全く逆のアプローチがあるって知ってました?

ピーク値を高くすることを目指すのではなく、強度を高めることを目指したら
良いんです。

ここで物理というか化学測定について基礎知識について解説しますと、強度と
いうのは、『時間×エネルギー』を二次元的に測定したモノを指します。

そして投下されたエネルギーの総量を、この『時間×エネルギー』で作られる
面積で語ろうじゃないかというアプローチなのです。

つまりこれを先ほどのピーク値的アプローチで考えると、短い時間でドカンと
大量のエネルギーを加えると言うことは、

  ● 0.1(秒)×10000(エネルギー)=1000(面積)

になるんです。

そしてこれとは逆のアプローチというのは、

  ● 結果として面積が大きくなれば良いんでしょ、瞬間的な力は弱くても

という考え方で、式にして表すと

  ● 100(秒)×10(エネルギー)=1000(面積)

を目指すと言うことです。

筋肉が無くて強い力が瞬間的に出せないんなら、そこそこの力をずっとかけ続
ければ良いんじゃ無いの?という事です。

ところが両者は掛け算ですから、面積が同じになれば実は同じエネルギー量が
加わったことになるんです。

これを古(いにしえ)の人は、

  ● 雨だれ 石を穿(うが)つ

と言ったのです。

なんだよ、そんなの当たり前ジャン、って思いますか?

なら、本当にこのアプローチで現実を変えたことがあるんですか?

このやり方で現実を変えてみて、初めてこの力のスゴさが分かったと言えるの
ですよ。

ちょっと明日に続けましょうか。

カテゴリー: 婚活 | コメントをどうぞ

副業してみる

昨日は1日中調べ物をしていたので、外部との接触がほぼゼロでした。
FBやツイッターすら触っていません。

もちろん家の外には一歩も出ていません。

そうなると困るのがこの前フリ。

こうなると書く事が無くなっちゃうんですよね。調べ物についてならいくらで
も書けるんですが、これはもうちょっと体系的に話が展開できるようにならな
いと意味不明になっちゃいます。

自宅のソファー→事務椅子→ベッドと本を読む場所をグルグルとローテーショ
ンしながら、資料となる本を延々と読み続け、酸欠になるとコーヒーを入れた
り、甘い物を食べたりして休憩。朝の8時から夕方6時までこれをやっていると
さすがに脳みそが知恵熱でオーバーヒートしそうになるのでここで本日の業務
終了。

こういう生活って、ほとんど身体を動かさないので、肉体的なストレスが溜ま
るんですね。しかし肉体を使っていないのに、痺れるような疲労感が脳みそを
覆っています。

メールマガジンの配信予約が終わったらグビッとビールで疲労回復です。

☆ ピーク値ではなく強度で考える

物事を変化させるには、エネルギーが必要なのは現代物理学の常識です。

なんらかの力(エネルギー)が、対象物に加わることで、動いたり、形が変わ
ったり、性質が変わったりという変化が起きるんですね。

そんなエネルギーですが、フツーの人がイメージするのはたいていピーク値だ
ったりします。

ピーク値というのは、短い時間でドカンと大量のエネルギーを加えるというや
り方で、この短い時間に加えられる力が強ければ高いピーク値を指すのです。

土木工事に使うツールに、ツルハシというのがあるんですがご存じですか。

カテゴリー: 婚活 | コメントをどうぞ

理想の女性

こうすれば、スムーズな女性関係構築。

という話をします。

なんだかなー。
あの女、頭おかしんじゃね?
あいつは、常識が無い。
世の中バカばっかりだ。

なんて思いながら生きている
人は多いようです。
お話を聞かせてもらっていると
そういったキーワードを
至る所から聞きます。

なんで、そんなに世の中。
おかしい人ばかりなのか。

そう感じて生きているかも
しれませんし、自分にぴったりと
マッチした、理想の彼女なんて
どこを探してもいないように感じて
しまう事も多いでしょう。

でも。
まあ、変な女性が多いとか。

おかしいと思ってしまう事が
多々あっても、それは、しゃーない
事であって。

どんな人でも、自分の考えを
基本として生きているわけです。
自分の中のルール。
これが、正しい世界の中で生きています。

だから、それは、他人からみれば
非常識な世界なわけです。

あなたからみて。

「あの女、頭おかしんじゃね?」

と思ったとしても、逆にその
女性から見たら

「あの男、頭おかしい。」

と思われている可能性は、大なわけです。

そんなんですから、男女の擦れ違いは
なくなりませんし、人間同士の
摩擦は、日常にあふれます。

皆、言い方を変えれば、自分の世界に
生きているわけです。
皆、自己中なわけですね。
自分ナンバー1なんですね。

それを理解して、その上で、相手の
世界がある事を理解し、その上で
相手の話を聞くようにすれば

今までは、おかしいな。

としか思えなかった事が、
受け入れられるようになるのです。
どうしてもかわいいJKとの出会いしたい奴はこのサイトを見てね。

「なるほど。
それが、あの女性の住んでいる
世界のルールね。」

というように。

では、そういった中で、どうやって
スムーズな関係を築いていくのか。

ネットでの出会い一度試してみるのは如何でしょうか?
出会い系でおすすめのサイト

これはね。
自分で「力」を身に着けるしかないわけです。

問題が起きたら、どう対処するか。
とか。
心の持って生き方・処理とか。

力がなければ、スムーズに生きる事は
できませんし、女性関係も
「従う」
「合わせる」
「媚びる」
みたいな形になってきてしまいます。

これは、しゃーない。
力があるものに、主導権があるのは
どうにもできない。

その力とは、具体的にどういった
ように身につければ良いのか。
さまざまな、要素があります。

それを、ザックリとまとめるならば。

「知識」

「考える力」

「経験」

みたいな形にまとめられます。

これは、順番も大切。
経験ありきでは、ダメなわけです。

アホな知識・考える力で、
経験を量産してしまうと
どういった結果になると思います?

例えば、女性から嫌悪感を持たれる
状態なのに、女性を口説きまくる。
すると、そこから導きだされる

「経験」は。

拒絶のあらし。
罵声の雨あられ。
時に、悲鳴。

世の中、女性も男性も
皆、好き勝手にいきているわけで。

その中で、あなたがスムーズに
やっていくには。

「知識」

「考える力」

「経験」

をベースとした

力が必要となってくるわけですね。

ちなみに、俺は、自分の事を
「変人」
って認識しています。

回りの人の世界から見える俺という
人間は、揺るがず「これ」
みたいですし(;´・ω・)

カテゴリー: 婚活 | コメントをどうぞ

彼女を作る

今までに彼女ができたことがない、

20才前後の彼女がほしい、

という方を特に意識して作った教材です。
より速く楽に彼女をつくっていただけるよう、

会話とメールのテンプレートもご用意しました。

 

先着5名様には、女の子受けがいい服として、新品のシャツをプレゼントします。

ご注文いただいてから、お店で買ってきて教材に同封しますね。

6990円のシャツですが、無料で差し上げます。

 

 

さて、あらためてお伝えしたいのですが、

声をかけれるようになるって、いいですよ。
できるようになると実感するはずですが、心に余裕が生まれるんですよ。
「その気になれば、女の子と出会える」

「チャンスはいくらでもある」

という感覚があるからですね。

 

彼女をつくる、という目的から少しはずれますが、

声をかけていると、声をかけた子とその日のうちにセックスまでいく、

ということも、たびたびあるんです。
声をかけた15分後にホテルに入る、

とか、普通にいくらでもありえることです。

 

「声をかけたその日のうちにゲットする」

というと、
「そんなことって、本当にあるのか?」

「どんな秘密があるんだ?」

みたいなことを思われるかもしれませんが、

これはあなたにもできることです。
もちろん、コツはあります。

ただ、そんなに難しいことではないんですよ。

むしろ、速い展開のほうが簡単です、実際。

 

ひとつポイントを言うと、
「体の関係になる」

というのと、

「彼女として付き合う」

というのを、一緒にしないことです。

 

世間的な恋愛常識だと、

「体の関係になる = 付き合う」

というのがあるべき恋愛で、

そうでないのはいけないことだ、というのがあると思いませんか?

 

ただ、実際に女の子と向き合っていくとわかりますが、

女の子自身、そんなに重たく考えてないことが多いんですよ。
「1回やったからって、彼女だと思われても困る」

という場合は、実はけっこうあります(笑)
1回限りでさわやかに終わりになる、という気楽な出会いのチャンスも多くあります。
なので、彼女として付き合うには、

単に体の関係になるだけでなく、もう一段階進む必要があったりするわけです。

そのような関係を求めるのであれば既婚者出会いが良いのではと思います。

 

まあ、最初からあまり難しく考えずにやっていきましょう。
「女の子に誠意を持って接する」

という原則からはずれなければ、気楽に楽しんでいけます。

 

もちろん、

「声をかけるようになって、最初にゲットした子とそのまま付き合う」

というのは、ひとつの理想のパターンかもしれませんが、

少し寄り道して、いろんな女の子と接してみるのも楽しいですよ♪

 

どんどん出会って、その中で、

「この子はいい!」

と感じた子と付き合う、

そういう流れをオススメします。

 

カテゴリー: 婚活 | コメントをどうぞ

女性を落とす

人は本質的に興味のあるものに瞬間的に集中してしまうという深層心理があります。
異性に対してもそれは例外ではなく
好きな男や女であればついつい視線を向けてしまいがちです。

例えばたまたま好きな女と目が合い、女がじっと自分を見ていると、
「あいつ、オレに気があるんじゃね??」とついつい期待してしまう。
そしてなんだか嬉しくなりメールや電話をしてデートに誘う。
意気揚々と告ってみる。

結果、、撃沈。。泣

これはなぜなのか?
あの視線はただの勘違いだったのか。
確かに女は嫌いな男をじっと見つめたりはしません。
だから目が合うということは好意の印ではないのか。

あなたもこういう経験をして同じような疑問を持ったことがあると思います。

現実的なことをいうと、目が合うイコール好意があるというのは
実はこれだけでは恋愛的に判断材料が十分とはいえません。

女の本音を知りたいのなら
目が合ったその後に注目すべきなのです。

■ 目が合ったその後、女の取る行動

これは逆から考えるとわかりやすいのですが、
あなたが好きな女と目が合った場合
そのままじっと相手の目を見ていますか?
それともすぐに視線をそらしてしまいますか?

おそらく後者の方が多いと思います。

これは女でも同じなんです。
好きな男と視線が合えば瞬間的に視線をそらしてしまいます。

ですから一度目が合ってすぐに視線を逸らす。照れるという感情がすぐに表情に出ていればその女はあなたのことを好きである可能性が高い。

例外は男慣れしている女や恋愛に積極的な女です。
こういう女は目が合うと瞬間的にチャンスと捉えるので
決して視線をそらしたりしません。

さてあなたと目が合った女はどのようなリアクションをしたでしょうか。
女性は実は美容に強い興味を持っており、まずは脱毛
と思っている女性が多数ですので、意外に脱毛に関する話を振ってみたりしても面白いですよ。
このノウハウを参考にターゲットの女を攻めてみてくださいね。

カテゴリー: 婚活 | コメントをどうぞ